電子タバコと加熱式タバコについて 紙タバコとの違い-誰でもわかる!簡単解説-

日本でも電子タバコや加熱式タバコが流通しはじめました。
紙タバコは体には悪いことは科学的に証明されています。
また、副流煙という周りの人の体にも影響与える煙のために吸うことのできる場所が減ってきています。

そのために、電子タバコや加熱式タバコに移行した人、もしくはそうしようとしている人はたくさんいると思います。

今回は、電子タバコや加熱式タバコとはどういうものなのか。
また、紙タバコと比べて体への影響はどうなのかについてまとめます。

※このページは、電子タバコや加熱式タバコがどういったものかをまとめていますが、電子タバコや加熱式タバコの使用を勧めているページではないことをご理解ください。

はてなぎ
はてなぎ

つぐまさんはタバコって吸ったことある?

つぐま
つぐま

ううん、落ちているのを見かけたことはあるけどね

はてなぎ
はてなぎ

私タバコの煙がちょっと苦手なんだ

じゃあ電子タバコってしってる?

つぐま
つぐま

うん、それも落ちているのみたことあるよ

はてなぎ
はてなぎ

そっちも煙がいっぱいでるのかな

つぐま
つぐま

じゃあ今回は電子タバコについてみていこうか

電子タバコと加熱式タバコって何?

まず初めにお伝えします。
電子タバコと加熱式タバコは実は似ているようで違います。
そのため、順番に解説していきます。

電子タバコとは

では、電子タバコからどういったものなのか見ていきましょう。

電子タバコとは、リキッドと呼ばれる液体を熱することで気化させその水蒸気を吸いこんで楽しむタバコのことです。
色々なフレーバー(味)があり、甘いものやメントール系のもの、紙タバコの味だけするものなど多種多様です。

タバコという名前がついていますが、紙タバコとは煙を吸うという点を除けばかなり違うものというわけですね。
英語では「Vape(ベイプ)」と呼ばれています。

加熱式タバコ

では、加熱式タバコとはどういったものなのでしょうか。

加熱式タバコとは、電子タバコと違いタバコの葉を直接熱して発生した蒸気を吸うものや、電子タバコのような仕組みで発生させた水蒸気をタバコの葉の入ったカプセル状のものを通して吸うといったものです。

そのため、こちらは実質タバコを吸っているのと基本的には変わりません。

電子タバコと加熱式タバコは似ているようですが、実はまったく違った商品なのです。

はてなぎ
はてなぎ

へー、なんか似たような感じなのに違うんだね

つぐま
つぐま

うん、電子タバコはタバコって名前がついているだけでタバコとは全然違うものだけど、加熱式タバコはタバコの吸い方が変わったって感じだね

電子タバコと加熱式タバコの体への影響について

では、体への影響はどうでしょうか。
こちらも順番に見ていきましょう。

電子タバコ

電子タバコは、煙の味を楽しむためにあるものだということはわかりました。

そのため特に電子タバコと紙タバコの大きな違いは、成分にニコチンが含まれていないことです。
ニコチンが含まれていないため、中毒性はありません。
もちろん、紙タバコで最も体に悪影響のあるタールも含まれていないのでそういった意味での体への害はありません。

ただ、気をつけるべきはニコチンが含まれているリキッドの販売は日本では違法になりますが、海外ではニコチンが含まれているリキッドは合法的に販売されています。
それを間違って使用してしまった場合は、知らない間にニコチン入りの煙を吸うことになりますので十分にご注意ください。

また、販売元がしっかりしていないリキッドはニコチンが含まれていないとかかれていても過去に混入していた事実があるので、健康への害に対して十分に注意するのであればしっかりした販売元のリキッドを購入するようにしましょう。

※上記の話は2019年5月現在の話で、電子タバコが流通し始めてからの期間がまだ短いです。そのため、健康への害という面ではまだしっかりとした研究データがでているわけではないことにご注意ください。

加熱式タバコ

電子タバコと違い、こちらは実際にタバコの葉を使うため、ニコチンは摂取してしまいます。
また、タバコの葉を燃やすと大量に発生してしまう有害物質のタールに関してはかなり削減されてはいるそうですが、全くなくなっているわけではありません。

紙タバコに比べると、体への悪影響はかなり減るといわれていますが科学的にしっかりと証明されているわけではなく、仮に減ったとしても全くの無害というわけではありません。

そのため、どちらかというと紙タバコがやめられない人が禁煙するための途中過程のために使うのが理想的な使い方のように感じます。
筆者の主観になりますが、害が少ないのだから吸ってもいいという考え方はおすすめしません。

紙タバコに対してのメリット

この2種類のタバコはメリットがないわけではありません。

まず共通してるメリットとしては、紙タバコと違って燃やすことがないということです。
火を使うことがないため、火事等の危険性は格段に減る点はどちらにとっても大きなメリットだと思います。

それと、紙タバコと比べると使用するためにかかるコスト(金額)がどちらも減ることもメリットでしょう。
ただし、紙タバコを吸わない人が電子タバコだからといって使用する場合は余計なお金がかかってしまうことには気を付けてくださいね。

電子タバコのメリット

電子タバコのメリットは、やはり体や周りへの害が少ない(ほぼない)ことです。
ただし、ものによってはかなりの量の水蒸気が発生するため電子タバコを知らない人の前で吸うといい顔をされない可能性があります。
しっかりと説明した上で吸うようにするほうが無難でしょう。

加熱式タバコのメリット

紙タバコと比べという点にはなりますが、加熱式タバコにも次のようなメリットがあります。

加熱式タバコは煙が少量しかでないため、紙タバコと比べると周りにはあまり迷惑をかけません。
種類によっては、においも抑えることができるため、それは大きなメリットといえるでしょう。

はてなぎ
はてなぎ

最近は、タバコを吸えるところすごく減ってきているから、タバコを吸う人にとってはいいことなのかな

つぐま
つぐま

タバコもかなり高くなってきているからコスト面でもいいのかもね

はてなぎ
はてなぎ

でも吸わないほうが体にはいいんだよね

つぐま
つぐま

うん、だから特に加熱式タバコについては使用する際はしっかりとデメリットにも目を向ける必要はあると思うよ

ここからは補足です。

2019年現在、日本で販売されている加熱式タバコは「IQOS(アイコス)」「glo(グロー)」「Ploom TECH(プルームテック)」の3種類です。(過去にはエアーズという商品が販売されていました)

電子タバコはたくさんの種類がでていますので、上記の3種類の名前を覚えておけば加熱式タバコか電子タバコか判断できると思います。

ただし、新しく商品が発売されたり、海外のものに関しては考慮していないため使用する際は必ず確認してから使用してください。

まとめ

  • 電子タバコは日本製品はニコチンもタールも含まれておらず、水蒸気によるフレーバー(味)を楽しむもの
  • 加熱式タバコはタバコの葉を使用しているため、紙タバコに比べて体への影響は少ないといわれているが害がないわけではない
  • 火を使わないことや使用する際のコストに関してはどちらもメリット

今回は、電子タバコと加熱式タバコについて解説しました。

もしご興味があれば、こちらもご覧ください

白髪の原因と抜く危険性と対処法-誰でもわかる!簡単解説-
白髪の原因と白髪を抜くとどうなるのか、デメリットと対処法について解説します。

その他にも、色々な日常の疑問を解説していますので、興味のある方やお時間の許す方はこちらの「ハテナと疑問」へどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました