絵を描く上で大事なこと -イラスト、お絵描き講座 心得編-

絵を描く人は、だいたい絵がうまくなりたいという願望を持ちます。

絵がうまくなる方法はたくさんあります。
先駆者の人たちも色々な方法を伝えてくださっています。
コピー用紙を1束全て埋めて描き切ったり、プロの画集を模写すること、毎日決まった時間絵を描くことやデッサンやクロッキーetc.…。

色々なやり方がありますが、私から伝えられることは、絵がうまくなることを考える前に、絵を描くことを楽しむことが先だということです。

毎日、絵を描くことはすごく大事なのですが、義務やノルマとして描いているよりも、絵を描くことが好きで、楽しく描き続けたほうが結果的にはより上達します。

草子
草子

といっても上達は人それぞれなんだよね

その人が何を描きたいかで、変わってくるし

つぐま
つぐま

描きたいものによっては上達に時間がかかるってこと?

草子
草子

時間とかじゃなくて、キャラクターそのものを描いて満足している人と、キャラクターとその情景まで描きたいって思う人で結果的に描ける幅が変わってくるっていう話

つぐま
つぐま

目標は高く持つほうがいいってこと?

草子
草子

んー、そうわけじゃないんだけどね

本人がそれで満足しているなら、絵を描くことは自由だからいいんじゃないかな

スポンサーリンク

絵を描くことは自由である

壮大なタイトルにはなりましたが、表現するってことは本来自由なものです。
しかし、絵を描く上で、「絵がうまくなりたい」という思考が壁となり迷走してしまうことはよくあります。

それは初心者でも経験者でも同じです。

私も過去に何度も経験しました。
そして、実は今でもその壁にぶつかってしまうことはあります。

初心者のうちでもその壁にぶつかってしまうことはありますが、初心者ならうまくなる余地がたくさんありますし、そういうことを考える前に楽しんでたくさん描けることを考えたほうがいいと思います。

理想論のようで実際に実行することは難しいでしょう。
しかし、好きでもないことをうまくなるというのは、本当に難しいことです。

そして、ある程度描けるようになってから、その壁にぶつかってしまったときは、気分転換に違うことをしてみたりして絵と距離をとってみるのもいいでしょう。
そうすることによって、新しい答えが見えてくることもあります。

つぐま
つぐま

じゃあ僕は、楽しく描ける方法を探せばいいんだね

草子
草子

探せばポンとでてくるようなものでもないし、理想論をいっているのも自覚しているんだけどね

つぐま
つぐま

じゃあ見つからなかったら絵は描かないほうがいいってこと?

草子
草子

まぁ、それも一つの答えかな

楽しくないことを継続しようとしてもしんどいだけだから、他に楽しいことを探すほうがその人にとってもプラスかもしれないし

つぐま
つぐま

たしかにそうだね、好きなことしてるほうが楽しいもんね

ハチミツ食べてるときとか

草子
草子

ハチミツはおいといて、趣味にも向き不向きがあると思うのだ

スポンサーリンク

絵を描くことが楽しくない人に向けて

絵を描くことが好きでない人であっても、描きたいと思った理由はきっとあるはずです。

それは、ある作品をみたときの感動だったり、ある作者の描くキャラクターに魅力を感じたり等、様々だと思いますが、そのときに感じたやる気や活力を思い出してみることはモチベーションを戻す一つの手だと思います。

絵を描くこと自体が楽しくなくて一度離れてしまっても、戻ってくる人は戻ってきます。
それは、自分では気づいていなくても絵を描くことが好きだという証拠だと思います。

描きたいときに描けばいいのです。
それが絵を描くことは自由であると思う私の持論です。

スポンサーリンク

まとめ

  • 「絵がうまくなりたい」ということにこだわりすぎない
  • 壁にぶつかった場合、一度絵から離れてみるもの一つの方法
  • 描きたいときに描けばいい、本来表現することは自由である

今回は、絵を描く上で大事なことについていいたかったことをまとめました。

お絵描きに関連することで、質問等があればツイッターにお願いします。
可能な限りお答えしようと思います。

NEXT→

絵の上達、モチベーションの維持の方法「SNSの利用」-イラスト、お絵描き講座1-
絵の上達やモチベーションの維持のためのSNSを利用した好循環についてのお話になります。
タイトルとURLをコピーしました